エコアクション21とは

エコアクション21
EA21 地域事務局 1-005

エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、事業者のための認証・登録制度です。

◆ 環境省が策定したエコアクション21
環境省が策定した環境経営システム 「エコアクション21」は,事業活動で使用される電気、化石燃料、資源や水などの量と、それにより排出される二酸化炭素、廃棄物、排水などの量を把握し、それらの削減に向けた取組計画を立案して実施するものです。
物の入出量(マテリアルバランス)を把握しますので、経理の内容と合わせて見ることで経営状況がより正確に把握できます。そして、無駄を見つけ、技術力の向上を図ることが取組みの成果に繋がります。  
財団法人地球環境戦略研究機関持続性センター(IGES-CfS)が中心となり、環境に取組む事業者を認証・登録する「エコアクション21認証・登録制度」を実施しています。
アドバイスや審査を行う審査人は、現在全国で766人います。また、支援や手続きを行なう地域事務局も現在は35都道府県に47ヶ所あり、そのひとつが「エコアクション21地域事務局環境技術協会」です。

◆ 何を求めてエコアクション21に取組むのか?
エコアクション21は、認証・登録機関や審査人の求めに応じて始めるものではありません。社会の求めに応じた経営者の自主的行動です。そして経営者には、エコアクション21の取り組みによって求める成果があるはずです。例えば、経営における無駄の削減や事業場の整理整頓、技術力の向上です。その結果が環境の改善に寄与します。
エコアクション21では、審査人が審査においてアドバイスすることが出来ますので、それを利用して経営者が感じている会社の問題点の改善が図れます。
会社の経営を審査人と一緒に向上させるのが審査です。


エコアクション21の認証・登録については、
エコアクション21中央事務局のホームページをご覧下さい。

エコアクション21地域事務局が行っていること

セミナー
経営に寄与するエコアクションの取り組みとは?
EA21概要を説明いたします
勉強会
これからEA21に取り組みたい方、
すでにEA21取得された方一緒に学びましょう。
自治体イニシャティブ・プログラム
関係企業グリーン化プログラム

自治体や関係グループ企業・協会・団体が主体となり、
事業者がEA21に取組むための支援プログラムです。
認証・登録事務
EA21の認証・登録手続きに従い
事務手続きを行ないます。
書類記入等、お気軽にご相談ください。
コンサル&審査人紹介
審査人の資格をもった方をコンサルタントとして
ご紹介いたします。
また、審査を受ける際も、業種に応じた審査人を
ご紹介いたします。
EA21認証・登録制度について、
セミナー研修会等相談を受け付けてます。
まずはお電話を!

EA21地域事務局としての活動実績

H17年度 H18年度 H19年度 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度
 PDF  PDF  PDF
H25年度  H26年度  H27年度  H28年度

自治体イニシャティブ・プログラム

熊本県環境経営学習会自治体がEA21への取組を
支援するプログラム

自治体のイニシャティブのもと、EA21地域事務局である当協会がEA21審査人を派遣し、集合形式で取組支援を行います。派遣などプログラム実施に要する費用は、EA21中央事務局で負担する支援プログラムです。

詳細はこちらから

関係企業グリーン化プログラム

関係企業グリーン化プログラム中核となる企業・団体が
EA21取組支援するプログラム

このプログラムは、EA21地域事務局である当協会がEA21審査人を派遣し、集合形式で取組支援を行います。派遣などプログラム実施に要する費用は、EA21中央事務局で負担する支援プログラムです。

詳細はこちら

熊本県環境経営学習会

熊本県環境経営学習会環境経営学習会を県内2ヶ所で
開催いたしました。


熊本県と当協会は、本年度県内事業者へのISO14001やエコアクション21などの環境マネジメントシステムの導入促進を目的とした環境経営セミナー及び環境経営学習会を、県内2地域において開催しました。
2008年6月~9月:熊本市地域にて開催
2008年12月~2月:八代市地域にて開催
2009年8月~9月:熊本市地域にて開催

新聞に掲載されました

くまもと経済
環境新聞